本文へスキップします。

【全?企日?PC】ヘッドリンク
【全?企日?PC】ヘッド検索フォーム
サイト內を検索
【全?企日】メガメニュー
【全?企日?SP】ヘッドリンク
【全?企日?SP】ヘッド検索フォーム
サイト內を検索
【參?企日?環境】カテゴリタイトル
ページタイトル

海外の植林地狀況

コンテンツ

王子グループは、6ヶ國、9ヶ所で植林事業を展開しています。2018年度末の海外植林面積は 25萬haに及びます。森林生態系の保全や野生生物の保護林、水源涵養や土壌流出防止等の保安林を含めた海外植林事業地 の管理面積は38萬haになります。「環境」「社會」「経済」それぞれの側面から適切な森林経営を行うために、 森林認証制度を活用しており、2018年度末の森林認証取得率は85%になります。海外植林事業は、木質原料 の確保とともに、CO2の吸収?固定、雇用や産業の創出により、真に豊かで持続可能な地域社會に貢獻します。

植林木の利用

王子グループの植林地では、伐採期を迎えた植林木は製紙原料(木質チップ)や製材用材に加工されます。木質チップは、現地でパルプに加工されるとともに、チップ専用船に積まれて日本へ輸送されています。


気候変動対策を推進します

森林生態系において、樹木は成長過程において大気中のCO2を吸収し、幹や枝葉?根に炭素を固定します。枯死木、あるいは枯葉や枯枝がすぐに分解されて大気中にCO2として放出されるわけではなく、炭素を含んだ土壌有機物として土壌に蓄積し、少しずつ分解してCO2が放出されます。また、伐採された樹木からCO2がすぐに排出されるわけではありません。伐採された樹木は、木材として住宅や家具、あるいは紙として利用され、長い間にわたって炭素を保持し続けます。他方で、建築廃材や未利用材がバイオマスエネルギーとして化石燃料を代替することにより、化石燃料から排出されるCO2の排出の削減につながります。
王子グループでは、植林木を増やし伐採後も再植林を行いながら森林を維持することによりCO2を吸収?固定し(森のリサイクル)、植林木から製造した紙?板紙製品を古紙として再利用(紙のリサイクル)することによってもCO2を固定し、気候変動対策を推進してまいります。

持続可能な森林経営によるCO?の吸収?固定

最新无码国产在线视频