本文へスキップします。

【全?企日?PC】ヘッドリンク
【全?企日?PC】ヘッド検索フォーム
サイト內を検索
【全?企日】メガメニュー
【全?企日?SP】ヘッドリンク
【全?企日?SP】ヘッド検索フォーム
サイト內を検索
【參?企日?環境】カテゴリタイトル
ページタイトル

持続可能な森林経営によるCO?の吸収?固定

コンテンツ
  • 目標
    日本政府が目指す長期目標「2050年にGHG排出量を80%削減」に貢獻するため、植林地の拡大や社有林の保全等、持続可能な森林経営を進め、二酸化炭素の吸収?固定を促進する。
  • 國內外の社有林や植林地の狀況
    王子グループは、日本國內では民間企業にて最大の森林(19萬ha)を管理?所有しています。また、海外においては6ケ國にて植林を行っておりその面積は25萬ha です。國內外合わせた面積は44萬haであり、東京都の約2倍の面積に相當します。なお、海外植林においては森林生態系や野生生物等の保護林、水源涵養や土砂流出防止等の保安林を管理しており、植林地を含めた管理面積は38萬haになります。
    このような環境、経済、社會に配慮した持続可能な森林経営を実踐するため、年間約90億円をかけて継続的な森林管理を行っています。
  • CO2の吸収?固定の狀況
    森林は大気中のCO2を吸収して光合成を行い、炭素として幹や枝等に蓄え固定します。國內外44萬haの森林の年間成長量にともなうCO2吸収量は約1,200萬トンであり、吸収量に相當する伐採木は木材製品としてグループ內外で販売?自家使用しています。現存する國內外の森林は、累計で1 億2,000萬トンのCO2を固定しています。

??



ブラジル CENIBRA 撮影Joao Rabelo 北海道 留辺蕊(るべしべ)山林


??ブラジル CENIBRA 撮影Joao Rabelo


??北海道 留辺蕊(るべしべ)山林

最新无码国产在线视频