本文へスキップします。

【全?企日?PC】ヘッドリンク
【全?企日?PC】ヘッド検索フォーム
サイト內を検索
【全?企日】メガメニュー
【全?企日?SP】ヘッドリンク
【全?企日?SP】ヘッド検索フォーム
サイト內を検索
【參?企日?環境】カテゴリタイトル
ページタイトル

排水浄化

コンテンツ

排水の浄化

法規制値遵守の管理


事業活動によって発生する排水中の環境負荷物質は、物理的?化學的処理を行って法規制値以下に低減したのち、様々な水域に排水しています。水域への排出水は、法律に基づく汚濁物質量の測定や連続測定などによる管理を行い、自主管理値を超える場合は、操業を停止するなど汚染予防に努めています。

※2018年度の排水量は、第三者機関による検証を行っています。
詳細はこちらをご覧ください。


2018 年度は、環境規制値と同値にて環境負荷物質を排出した場合の年間排出量と比較して、グループの実排出量は削減しています。

排水浄化の目標と実績


2018 年度の排水浄化の目標は、BOD(※1)、COD(※2)、SS(※3)の排出原単位を対前年比1%削減としており、いずれも目標を達成しました。

排水中の環境負荷物質の低減狀況


環境負荷物質の発生源対策として、事業活動により発生す る排水は、廃棄物発生量の削減に寄與する排水中の原料回収を 強化しています。さらに環境負荷物質の種類によって、加圧浮 上や薬品添加による凝集沈殿、中和、活性汚泥、生物膜処理等 を行っています。
2014年度以降、BOD、COD、SS の排出原単位は、低減傾向にあります。
2019年度の目標達成に向けて、國內同様に海外事業 場に対しても、さらに排水処理の運用改善を進め、環境負 荷物質の低減に取り組んでいきます。



(※1)BOD:生物化學的酸素要求量
(※2)COD:化學的酸素要求量
(※3)SS:懸濁物質

詳細はESGデータ集へ

最新无码国产在线视频